頑張ってにきびを治します

大人にきびの治し方*にきび 治療

病院でニキビを治す

治療に必要な回数

歳を重ねるごとに、増えてくる肌の悩み。
中でも特に多くの方が悩まされているのが、ニキビです。

ニキビ跡はメイクでカバーするのも難しく、なかなか治らないので、コンプレックスに感じる方が多い肌トラブルの1つです。

肌の再生が遅い

また、一度できてしまうとセルフケアでは根本的にニキビを解消することは難しく
跡になってしまったものは、若いころと違って肌の再生にも時間がかかります。

 

ずっと治らないとコンプレックスを感じている方は、美容皮膚科などの医療機関で治療してみましょう。

医療機関でのニキビ跡治療は、主にレーザーを用います。レーザーには色々な種類があり、
赤みタイプ・色素沈着タイプ・クレータータイプと、様々なニキビ跡の治療が可能です。

 

改善の効果も高く人気の治療法ですが、どのくらいで改善の効果を実感できるのか、
気になる方もいるでしょう。

 

赤みタイプや色素沈着タイプの場合、症状が軽ければ一回の施術で、改善の効果を感じられるようです。
しかし、多くの方は数回の治療を受けなければ、ニキビ跡の改善までには至りません。

 

レーザー治療の場合、平均して5回から10回程度の施術で効果を実感する方が多くなっています。
改善が早いとされているレーザー治療でもそれぐらいの時間がかかりますので、
セルフケアや塗り薬などによる改善はさらに根気が必要になります。

 

また、美容系の医療行為は保険の適用がないものが多いです。
ですから、まず相談に行きましょう。

自分の気になっているものは何回くらいの治療が必要なのか。


そしていくらくらいかかるものなのか。先に確認しておくことで、トラブルも防ぐことができます。

 

コンプレックスを抱えてしまう原因は?克服するには?

 

もし費用など色々な問題で全てのニキビ跡の治療が難しい場合は、
しばらくは付き合っていかなければなりません。

治療の費用

顔は人によく見られる部分で、コンプレックスになりがちです。
それが大きくなってしまわないように、原因や克服の方法を知っておきましょう。

そもそもコンプレックスという概念はスイスの心理学者である
ユングが考え出したもので、記憶と感情の結び付きを意味します。

 

その感情は苦しみを与えるものであれば特に限定されません。
しかしコンプレックスといえば劣等感を意味するものだと考えている人も多いでしょう。


それはアルフレッド・アドラーの理論に基づいた考え方です。
理想として描いている自分に対して、それを実現できない現実との差で、
劣っていると考えてしまうというものです。

 

見た目に関しても例外ではなく、ニキビ跡を最も気にしている自分自身がコンプレックスの原因です。
そのまま気にし続けていると、精神面のマイナスが見た目に悪影響を与えるという
悪循環へと陥ってしまう恐れがあります。


そんなコンプレックスを克服する精神面での対策は、自分自身で納得して
受け入れられた状態にすることです。
周囲の人のサポートによって気にしない方向へ持って行ったり、
チャームポイントにしてしまうなどの方法が挙げられます。

 

しかしそれでも悩みの元を消してしまうことには及ばないため、
ニキビ跡を治療する効果は大きいです。サイズ次第ではメイクで隠すのも有効的でしょう。